ホームに戻る>画像ファイル型式の解説



検索



画像編集の方法

ヘッダーバナーとは?

レイヤーのメリットと使い方

画像ファイル型式の解説

JTrimの紹介

JTrimの文字入れの方法

バナーを作成する方法

写真画像に効果をつける方法

画像の切り抜き方法

画像のフチを立体的にする方法

グラデーションを付ける方法

画像にぼかしを入れる方法

JTrim操作画面の色を変える

部分的に色やモザイクをつける

写真に文字を入れる方法

有料並の効果を演出させる

写真に吹きだしをいれる方法

画像のサイズを小さくする方法

画像にオブジェクトを付ける方法

オリジナル写真でカレンダーを作成する

年賀状に出来る素材の紹介

凝ったバナーの作成方法

画像編集ツール一覧

初心者に最適「JTrim」

高度な画像作成にピクシャ

無料で動画を編集する

有料並みの性能の
無料編集ツール

スポンサードリンク



画像ファイル型式の解説



画像ファイル型式には、色々な型式があります。




それらには色々な意味があり特徴がありますので
これから解説していきたいと思います。




まず、パソコンやケータイで扱う画像ファイルにはJPEGやGIFなどの
種類がありますが、うまく使い分けないと色々問題が生じます。




「".jpg"や".gif"といった拡張子(ファイル名末尾の文字)が違うだけ」なんて、
単純なものではありません。



「ビットマップ」などと呼ばれる画像データは、点(ドット、ピクセル、画素)が
格子状に集まったもので、それぞれ「モノクロ」なら白と黒の2色、
「フルカラー」なら一般的に1677万7216色表現できます。




画像ファイル形式によって、対応する色数や圧縮方法が異なり、
それぞれの特徴を踏まえて使い分けられていますので
それぞれの型式について解説していきます。


BMP[ビーエムピー](*.bmp)

非圧縮。白黒からフルカラーまで対応。Windowsの標準で「ペイント」でもおなじみの形式です。
JPEG[ジェイペグ](*.jpg/*.jpeg)

不可逆圧縮で、フルカラー対応でデジカメ写真などで標準的な形式。圧縮率を調整できます。
GIF[ジフ、ギフ](*.gif)

可逆圧縮だが、色数は256色まで。アニメーション機能(パラパラマンガ)や特定色の透明化が可能です。
PNG[ピング](*.png)

可逆圧縮で、フルカラー対応。半透明にも対応。一部
ケータイが未対応です。

TIFF[ティフ](*.tif/*.tiff)
非圧縮と可逆圧縮・不可逆圧縮すべてに対応。複数画像を1つのTIFFファイルに格納できます。



JPEG(不可逆圧縮)の画質劣化とは、具体的には、輪郭が
ボケたりノイズが発生して画像が汚くなることと、少々そのような劣化が
あっても気にならない「自然画」の写真に使われます。



圧縮率を高めればデータサイズはより小さくなりますが
より劣化してしまいますね。




GIFは画質の劣化がないので、線がくっきりとしたイラストや線画などの
「人工画」に適しています。


色数も256色まで、色を多用しないイラストや
グラフなどなら問題ないですし、アニメーション機能なども便利ですね。



PNGは劣化もなく、色数の制限もないです。
色数が多い写真などでは劣化しない分、JPEGほど圧縮できないですが、
GIFとは同等以上の圧縮性能ですがアニメーション機能はありません。



そしてTIFFはというと、一見機能的には万能ですが、逆にその機能に多くのソフトが
未対応だったりと、初心者には厄介な面も多いですね。




Copyright © 2020 画像編集講座 All Rights Reserved. 
成績アップができる基礎学力の向上の秘訣とは?
inserted by FC2 system